リサイクルトナーは純製品より安く購入できる上に問題なく使用できる

サイトマップ

リサイクルトナー

注目コンテンツ

リサイクルトナーのメリットとデメリットは

リサイクルトナーを8年くらい利用しておりましたが、発色やインク詰まりなど一度もなく全く問題なく使用できていました。リサイクルトナーは、純製品より安く購入できる上に、全く問題なく使用できるというのは、この上ないメリットだと思います。それ以降にほかのプリンターに変えました。本体代が安かったのと、リサイクルインクが安かったのが決め手でした。
しかし、ここで問題が発生。前よりも安いリサイクルインクを見つけたのですが、3回目くらいにインク交換をした時から不具合が出始めました。1.インク漏れが発生する2.インクの残量が半分以上あるのに「インク残量なし。交換してください」のメッセージが出る。入れなおしても、インク残量なしのメッセージばかりで感知しない。の2点の問題が出てきました。解決策として、インクを取り出して(その時、手がベタベタになる程インク漏れをしています)綿棒やティッシュで中を綺麗にし、インクカートリッジ自体のインクの出入り口?も綺麗にして入れる。インク残量なしのメッセージを無視して印刷するとちゃんと印刷されます。
リサイクルインクも、メジャーなメーカーであれば問題なく利用でき、メリットがありますが、よくわからないメーカーのリサイクルトナーを使うと、後々大変になるというデメリットがあるようです。

リサイクルトナーの探し方

リサイクルトナーの探し方がわからなくて困っている人は多いのではないでしょうか。今までにリサイクルトナーを購入したことがない人は、どのようにリサイクルトナーを探していけば良いのかわからないのは当然のことだと言ってもいいでしょう。
リサイクルトナーをどのように探していけば良いのかということですが、やはりインターネットでリサイクルトナーを扱っているお店を探していくのが良いでしょう。インターネットで、どのようにリサイクルトナーを扱っているお店を見つけていけば良いのかということですが、検索エンジンを使ってから、リサイクルトナーというワードで検索をかけていけば良いでしょう。そうすればリサイクルトナーを扱っているお店が見つかります。その中からリサイクルトナーを選んでいくわけですが、やはりリサイクルトナーを選んでいく時には保証期間に注目していったほうが良いでしょう。リサイクルトナーは保証期間が長ければ長いほど良いと言ってもいいでしょう。
だから、リサイクルトナーは保証期間がついているものを優先的に選んでいくようにしましょう。リサイクルトナーに保証期間がついていれば保証期間内に壊れたとしても、新品と交換してくれます。

リサイクルトナーの使用時の注意点

リサイクルトナーは回収された使用済みの純正のトナーを分解、洗浄などをして純正のトナーと同等の商品にリサイクルされたトナーの事を言います。そのため純正のトナーを製造する時より経費が削減されているので、リーズナブルな価格で購入出来てコスト削減出来るというメリットがあります。そのためプリンターの使用頻度が高い人にとっては大きなメリットになります。
しかし純正のトナーと同等の商品にリサイクルされたトナーと言っても、やはりリサイクル品なので注意しなければいけない点もあります。リサイクルトナーはリサイクル品なので、純正のトナーより不具合が多く発生してしまいます。最近になってリサイクルの技術も発展しているので、以前よりかは不具合率が減少していますが、それでも純正のトナーより不具合が発生しています。
また不具合が発生した時にプリンターにも支障が出てしまう可能性があります。リサイクルトナーだとプリンターとの相性が合わないという事もあって、不具合が発生してしまった時にプリンターにも不具合が出てしまいます。そうなってしまうとプリンターの修理代もかかってしまうので経費がかかってしまう事になります。そのためリサイクルトナーを使用する時はプリンターの状態もしっかり見ておきましょう。

イチオシ情報